私の財産告白 本多静六

最近 「私の財産告白”」本多静六著 を読みました。

備忘録として内容を書いておきます。

内容

収入の4分の一を天引きし貯蓄せよ

有無も言わさず月収から4分の1を天引きして、4分の3が自分の収入だと考えその範囲の生活水準で暮らして行くこと。

二杯の天丼はうまく食えぬ

一杯の天丼を一杯だけ注文して舌鼓みを打つところに、本当の味わいがあり、食味の快楽がある。

財産(天丼)が今の倍あっても人生の幸福は倍にはならない。

人生の幸福というものは、現在の生活より、その生活の動きが上向きつつあるか、下向きつつあるかによって決定されて行くものである。

人生の最大幸福は職業の道楽化にある。

金銭的に不安のない状態になり、道楽として仕事をする。

給料とはその仕事に対する粕のような存在だ。

感想

雇われの会社員(教授)でありながら一代で財産と築いた著者の秘訣が、余すことなく理解できる著書でした。

書かれている内容としてはとてもシンプルです。質素倹約をし、貯蓄→投資の流れでお金を動かしていくこと。

資産運用に対する自己啓発書としてもいいのではないでしょうか。

また、著者の人を視る視点や考え方も、これだけの人物とはどんなことを考えていたのかを知れ、非常に参考になる部分があると思います。

何気なく読んだ本でしたが、オススメな本です。

ではまた!

created by Rinker
¥418 (2022/05/18 05:28:05時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です